Android、お菓子のコードネームを廃止

Googleは、Androidのバージョンにおける命名ルールを変更し、お菓子のコードネームを廃止すると発表した。

これまで Cupcake / Donut / Eclair / Froyo / Gingerbread / Honeycomb / Ice Cream Sandwich / Jelly Bean / KitKat / Lollipop / Marshmallow / Nougat / Oreo / Pie と続いてきたコードネームだったが、Q以降は廃止となる。

つまり、今秋アップデートされるAndroidはスッキリ純粋に「Android 10」と呼ばれるようになる。

記事によると、廃止した理由はLとRの区別がつかないなどでバージョンの新旧が分かりづらい・命名規則が新規ユーザーに分かりづらい・地域によってはお菓子でなく食事として食べられていたり、もしくは食べ物そのものがあまり認知されていない、などが理由だそうだ。

まあ、「10なのにQ(キュー)」なのは分かりづらいから、変えるタイミングとしてはベストだと思う。

個人的にはZの次がどうなるか密かに気になっていたが、この疑問は迷宮入りになりそうだ。