ニタラゴルイカの「言」が気になる

先日、pixivのブースで「ニタラゴルイカ」というフォントを買った。

このフォントは、有名ハンバーガー店のポップや数多くのテレビ番組のテロップなどに使用されるフォントで、とても汎用性が高い。

(ちなみに、ニタラゴという摩訶不思議な名前は、ニュー・タイプ・ラボ・ゴシックの略らしい。略しすぎ。)

早速、今日公開したFE攻略大作戦の記事の説明画像に使ったのだが、このフォント、ちょっと気になった点がある。

「言」の1画目の角度だ。2画目の直角に対して垂直にくっついているのだ。(ちょうど説明画像の「試」がそれにあたる)

これは「わんぱくルイカ」や「ハッピールイカ」などの他の「ルイカ」系フォントにも共通して見られる特徴である。

ちょっとググったら、こんな掲示板の書き込みを見つけた。

以下が制作者の回答である。

個性というか、考え方ですね。
言偏の一画目を、横にするか・縦にするか・点にするか…別に決まりはありませんから、この書体では縦にしました。

http://www.type-labo.jp/bbs39Ruika/bbs39.cgi?num=10

なるほど。理解した。

でも「言」は横棒が見慣れているから、横棒にしてくれたら嬉しかったなあ。